スキャルピングFX技術を基礎から学ぶ大辞典

FXスキャルピングは「超」短時間にトレードをくり返すFXトレードの手法で、スキャルピングはテクニカル分析だけを使ってトレード判断をするという特徴があり、知識と技術を積み上げることが利益に直結しやすいトレード方法であると私は思っています。To get more news about スキャルピングFX, you can visit wikifx.com official website.

 

以下、スキャルピングで利益を上げるために必要な戦略や知識についてわかりやすく解説していきます
スキャルピングとは数秒から数分といった短時間で1つのトレードを終了させるFXのトレードスタイルのことを指します。
  FX取引の場合、わずかな利幅で多くの取引をして利益を積み重ねる超短期トレード手法。デイトレードよりもさらに短期間&薄利狙いで、テクニカル分析のみでトレード判断をする点が特徴。
FXスキャルピングは短時間でトレードするので、ファンダメンタルズの影響を受けにくいという特徴があります。そのためスキャルピングでは、チャート分析だけに集中して取引判断をします。
  FXスキャルピングならどんな相場でも勝負できる
  スキャルピングは小さな利幅で何回もトレードを繰り返す手法なので、大きな値動きがなくても利益を確保することができます。且つ稼げるチャンスも多いとは言えます。
  FXのスキャルピングは資金効率が良い
  スキャルピングはポジションの保有時間が短く資金を使いまわせるので、手元資金を有効活用することができます。スキャルピングは1日に10~30回ほどトレードを行うため、少ない資金でも他のトレード手法に比べて稼ぎやすいと言えます。
「スキャルピングを始めたい」「スキャルピングで利益を上げることができない」という人は、まずは適切なエントリーポイントを見つける練習から始めましょう。
  エントリーポイントを見つける具体的な練習とは、チャートをテクニカル指標で分析し続けることを指します。得意とするテクニカル分析を持ち、チャートに現れるシグナルに敏感に反応できるようになればエントリーの精度も自然に上がってきます。
  素早く損切りできる技術
  FXスキャルピングは損失時の金額が大きいので、素早く損切ができないと資金を無駄に減らしてしまうことに繋がります。損切りすることを躊躇してしまうトレーダーは多いですが、適切に損切りをすれば損失を抑えることはもちろんのこと、トータルで見れば利益にも影響してきます。
  損切を確実に行う方法は、エントリーした直後に損切ラインを設定することです。または、損切ラインは「利益幅の半分以下に設定」するのが基本となります。
  利益確定のタイミングを見逃さない技術
  利益はできるだけ伸ばしたほうが有利ですが、いつ反転するのかがわからないため早めに利益を確定してしまいがちです。
   初心者の場合、あらかじめ決めた利益確定の幅で決済
   中上級者の場合、テクニカル分析でのシグナル転換前に決済をお勧めします。
  「一目均衡表の雲」や「高値の抵抗線」などチャート上にはトレンド転換を示唆する情報が提示されています。その転換点までは現状のトレンドに乗って利益を伸ばしましょう。エントリーをした後は、すぐに「トレンドの終焉」に意識を向けて利益の最大化を狙います。ただし、ここでも欲を抑えて素早い利益確定を忘れないことです。利益確定のタイミング次第で勝負が決まるとも言えます。