ブロックチェーンにまつわる詐欺

最近出回り始めた暗号資産に関する詐欺は非常に巧妙だ。暗号通貨に挑戦する初心者もベテラン投資家も、ハッカーが仕掛ける様々な手口に用心しなければいけない。To get more news about ブロックチェーン, you can visit wikifx.com official website.
1、成りすまし詐欺
  スウェーデンの中央銀行は、2019年12月「e-Krona」と法定デジタル通貨(Central Bank Digital Currency :CBDC)のe-krona(e-クローナ)の導入を計画し、試験運用を発表した。しかし、ハッカーは政府が発行予定の偽コインを作成し、発行した。
  そして、詐欺集団が発行した偽コインの情報が、スウェーデン政府がe-クローナとは無関係であることを公表する前に、有名なビジネスサイトに掲載された。また、信頼できるものに見せるため財務アドバイザーに扮してフィッシングサイトで販売した。さらに、1ユーロの投資が数カ月後には4,307ユーロの価値になるという宣伝文句と4000%以上のROI (Return on Investment:投資利益率)を掲載していたのである。この記事はFacebookで宣伝され、投資家に不正なバージョンのコインを購入できると思い込ませてしまったのだ。
  Twitter社は詐欺を排除しようとしているが、撲滅には至っていないのが現状である。アカウントを作成して青い認証バッジを獲得し、アカウント名や情報を変えて「有名人」のように見せかける例が後絶たない。「偽の有名人」は、暗号通貨の普及やコミュニティへの還元のため、30分程度の時間限定で、自分に暗号資産を送付すれば、送られてきた暗号通貨の2倍を送り返すと告知した。
  ソーシャルメディアは詐欺に利用されやすい媒体である。高い収益率や無料でお金をくれるなどの「魅力的な宣伝文句」から離れた方が懸命である。
2,脅迫詐欺
  脅迫も詐欺の一形態である。詐欺師が、「我々はあなたのブラウザの履歴を持っており、あなたがどんな露骨なものを見ていたか知っている。あなたのプライベートビデオを入手した。1500ドルをBTCで支払えば、これらのビデオは削除する。私たちのウォレット・アドレスは*********。」
  対応策としては、これらのメールを無視するのが一番大切だ。メールに含まれているリンクをクリックしないことも重要である。
3,ハッキング
  暗号化取引所は黎明期からハッキングのターゲットになっていた。21世紀版のいわば「銀行強盗」であり、盗難されるのは暗号通貨と個人情報である。
  ハッカーから守る最善の方法は、コールドウォレットを使って、暗号資産をオフラインにすることだ。コールドウォレットは、「ホット」ウォレットとは異なり、インターネットに接続していない。正しく設定し、パスワードを安全に保つことができれば、これらのハードウェアをハッキングすることは仕組み的にほとんど不可能だ。
  詐欺は、人が人と関わりを持つようになってからずっと存在している。多様なサイトの暗号通貨ニュースをフォローすることで、最新の情報を得ることができるだけでなく、受け取った情報を自分で比較できる。
  *************
  当社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームで、暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万社以上超えています。
  「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信。
  初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリでライセンスの取得状況や評判を確認することを強く推奨しています。
  https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html
  コンテンツは全て無料で閲覧できるので、ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。